あちゃ〜!ブログGT in 横浜

アクセスカウンタ

zoom RSS 父ちゃんの夢

<<   作成日時 : 2013/03/31 14:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ある旅館っぽい所のロビーに
私達(多分、父ちゃん以外の家族)でいると、
玄関の外から入ってくるおじさん達の団体の列の中に
父、重三の姿があった。

私があわてて父ちゃんを呼びとめ、
こっちこっちと手招きすると目の前に重三がきた。
足は両方あって普通に歩いてた。

父ちゃんを座らせて両手を強く握ると
ものすごく冷たい。
聞きたいことがたくさんあって私は興奮している。

どっかで仕入れた情報で
死んですぐの人間は死んだ事を自覚してない、
と思ってか私はしつこく父ちゃんに
「父ちゃん、死んじゃったんだよ!わかってる?」
と言うと、生前と同じ言い方で
「分かっとる、分かっとる!」とちょっと面倒くさげに答えた(笑)

そして
「何か、気にかかってることない?」と聞くと
「あれだなぁ、ありゃあまずいよな」と
家族の事とか関係なく(さすが)、
なんか世の中の事を言っていた。
詳しくは忘れちゃった。

「これからどこに行くの?」と続けると
「俺にも良くわかんねぇんだけど、
色々ルートは上の方で決まってるみてぇで
あちこち行ってるなぁ」

なんだそれ。

もっと続けようとする私だが
父ちゃんの身体がどんどん倒れていって、
繋いでる手が重くなって支えきれなくなり
離れていった。

そこで目が覚めた。午前4時半。
現実でもわんわん泣いてて、
ものすごくリアルでびっくりした。
手の感触とか本物だったし。
もっと色んな話をしたと思うんだけど
二度寝で忘れてしまった。

「この前二俣川から相鉄乗った時な・・・」
なんて言った時、
「なんで、相鉄乗ってんねん!」てなぜか大阪弁で
私もちゃんと突っ込んでた。

昨日、
母ちゃんと電話で父ちゃんの話をしたからかなぁ
とも思うけど、生前、冗談で
「父ちゃんがもし死んだら、絶対どんな感じか教えにきて。
もしくはメールしてよ!」
って言ってたから、パソコンは苦手なので、
プチ報告に来てくれたんだと思う事にしました。

夢の中で悟ってたことなんですが
死んだ人間の状態をランクアップというか、
次の状態に変化させていける要因で一番大きいことは
血の繋がった人間の感謝の思いという事でした。

で、
嫁にいって姓が変わった場合は
どんなに旦那さんと仲が悪かったり
旦那さんの実家とうまくいってなくても
旦那さんの姓の御先祖様に一番に感謝を捧げると
自分の実家の先祖も浮かばれるというものでした。

死んだ瞬間はその人自身の思いに一番近い所属団体に
入ってしまう様です。
だから父ちゃんはおじさんの慰安旅行みたいな団体に
いたのかな?笑える。

ま、あくまでも夢の中の話ですが、
不思議な経験でした。

また会えそうだなぁ・・・










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
きっと、夢のなかでの出来事のように、
近いような、遠いような、
付かず離れずのあたりで
見ていて下さっているんじゃないでしょうか

おっちゃん達と一緒にいろんな所へ
観光して、楽しい思いをなさっていると
いいですね

お墓参り どこも遠いから自力では行けないけど、
行きたいなあ…

ナムル
2013/04/06 00:54
ナムルさん、ナムナム(拝んでる)
多分、父ちゃんが近くに来たら
タバコの匂いがするだろうなぁ!
あちらの世界でも色々試していて
欲しいですね
身内の頭が良くなるパワーを送るとか、
徳川埋蔵金発見させるとか(笑)

実際行けなくても、思いだすだけで
ご先祖様は喜ばれるらしいですよ(^^)v
あちゃこ
2013/04/06 12:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
父ちゃんの夢 あちゃ〜!ブログGT in 横浜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる